News Ticker

[摂理ニュース]鄭明析牧師の絵画『運命』が2011年アルゼンチン・アートフェア(ARTECLASICA CONTEMPORANEA 2011)代表作品に選出される

[摂理ニュース]鄭明析牧師の絵画『運命』が2011年アルゼンチン・アートフェア(ARTECLASICA CONTEMPORANEA 2011)代表作品に選出される

鄭明析牧師の絵画『運命』が2011年7月にアルゼンチンで行われた世界的なアートフェア(ARTECLASICA CONTEMPORANEA 2011)において代表作品に選出された。

以下はアルゼンチンでの記事の一部抜粋

Corea del Sur
El programa Meeting Cultures, creado especialmente por ARTECLASICAen 2006, introduce en nuestro mercado artistas provenientes de diferentes culturas, generalmente periféricas o distantes, cuya obra es muchas veces desconocida en nuestras latitudes.

Se trata de un proyecto único para nuestro medio y una gran oportunidad para acercarse tanto a estéticas diferentes como a nuevas simbologías.

Al igual que sucediera en ediciones anteriores con el mundo árabe, el mundo post soviético o el sudeste asiático, este año el exclusivo programa Meeting Cultures de ARTECLASICA, introducirá en el mercado argentino la obra de importantes artistas contemporáneos provenientes de Corea del Sur.

El programa cuenta año a año con la curaduría de una destacada galería de arte de la región y en este caso se trata de la Myung Gallery de Seúl, que ha seleccionado destacados artistas coreanos, entre los cuales se encuentra el maestro de la pintura tradicional coreana Choen Bo.

[摂理アラカルト|鄭明析]アートフェア1

[摂理アラカルト|鄭明析]アートフェア1

[摂理アラカルト|鄭明析]アートフェア2

[摂理アラカルト|鄭明析]アートフェア2

http://www.guiasenior.com/contenidos/after/archives/2011/07/arteclasica-2011.html

 

全世界から3000人余りの有名な作家が参加した2011年アルゼンチン・アートフェ?ア(ARTECLASICA CONTEMPORANEA 2011)。フランス・パリのルーブル美術館に作品が展示されている作家も参加したこ?のアートフェアにおいて、キリスト教福音宣教会(摂理)の鄭明析牧師が代表作家として?選定され、その作品「運命」が代表作品として選ばれた。 このことはアルゼンチン国営テレビである「CANAL A」を初め4つの放送局を通してアルゼンチン全地域に放送され、他にも新聞や雑誌など?各種メディアを通して紹介された。 展示場に取材に来た記者たちや多くの芸術家達は、特にこの作品に注目し、 「世界的に有名な作家がアルゼンチンに来た。この方の作品は神の境地に至っている作品?であり完璧だ」 と感嘆した。 また、アルゼンチン市長やアートフェア会長、韓国大使、中南米文化院長など、有名な公?職者の多くがこの作品を見に来ており、この作家に会いたいと関心を示していたという。 展示期間中5万人のアルゼンチンの国民が訪れたアートフェア。 多くの人々が本作品を観覧し熱い歓呼の声を送った。 以下は本作品を観た来場客の声 「鄭明析氏の作品は伝統的でありながら、とても現代的な画法で描かれていて、洗練され?た芸術の極致を事実的によく表現し、我々に大きな感動と深いメッセージを伝えてくれて?います。 一般的に西洋の文化に慣れている人が東洋の作品と作家に近づくのは簡単ではありません?。 しかし、私たちは宗教的でありながらこの世と異なる世界を表現した鄭明析氏の精神世界?を感じようと彼の作品へ足を運びます。 ある作家の芸術作品が全ての人に同じ感覚と水準で伝わるのではありません。 そのためその作品の内面に潜んでいる世界を理解しようとする努力がとても大事です。 今回のアートフェアを通して、地球村の反対側にある国に来られた鄭明析氏に会えたのは?我々にとって大きな喜びです」

About ichiro (29 Articles)
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活をする27歳。職業はSE。 いつかは脱 会 社 員 !目指せフリーランス♪ スターバックスなどカフェで作業するのが大好き。 今一番欲しいものはiPad Air(・ω<) あとiMacも欲しい... 動画編集、極めます!!
Contact: Website

1 Comment on [摂理ニュース]鄭明析牧師の絵画『運命』が2011年アルゼンチン・アートフェア(ARTECLASICA CONTEMPORANEA 2011)代表作品に選出される

  1. 素敵な絵画ですね!!
    キリスト教の宗教絵画の美しさも普遍的であるように、鄭明析先生の絵画も、普遍的なものとして、後世に伝わっていくのかもしれないですね。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*