News Ticker

愛と和平の作品、「平和サッカー」で命への愛と尊重を実践

真夏の厳しい暑さも忘れさせるような「2016青少年平和サッカー大会・開幕式」が、6月11日に月明洞自然聖殿にて開かれた。中等部と高等部に分かれて競技を行い、計9チームが出場した。

▲ 開幕式の御言葉を伝えているチョン・ポンソク牧師

 

開幕式で御言葉を伝えたチョン・ポンソク牧師は、最初に『サッカーを最も平和に、自然に、それでいてその中に秩序がなくてはならない。』、『秩序とは、相手を自分自身のように愛し、平和を成そうとする心』だと伝えた。続けて、「結局のところ重要なのは、10ゴールを入れて最優秀賞を勝ち取ることよりも、相手を気遣って自分の体のように愛し、認めてあげることの方が重要だ」と、日頃からのキリスト教福音宣教会の鄭明析牧師のサッカー精神を強調した。

 

▲ 「月明洞&錦山山参(クムサンサンサム)チーム」対「大田忠臣(テジョンチュンシン)チーム」の試合の様子

 

この日の平和サッカーでは、いつの時よりも前述した「平和サッカーの精神」が多く見受けられたのだが、強くて荒っぽいサッカーの様子よりも、転んだり怪我をしたりした仲間たちに向かって先に手を差し出して助けてあげながら配慮する競技の姿が多く見られた。その中でも特に目立ったのは、他のチームの競技が終わった時に、誰が先にということもなく、勝利したチームに駆け寄って熱く祝ってあげる姿だったのだが、これこそがまさに平和サッカーの真の姿なのではないかと思われた。命を愛し、尊重する姿を自ら見せてくださった鄭明析牧師の教えが輝く時間だった。

この日の感動は、これだけではない。この日の天気は、聖三位の特別な愛を感じさせてくれるような天気だった。神様の作品である自然を通して、大きな感動を受け、余韻を感じたりもしたのだが、雄大な龍潭(ヨンダム)ダムと山が調和を成し、絵のような見事な景観を生みだし、試合の途中で何度も涼しい雨が降り、壮観を作り出したりもした。素晴らしい天気を与えてくださった聖三位に栄光を帰す青少年も大勢みられた。

 

1位になった大田忠臣チームを共に祝ってあげている姿

 

この日、試合を終え、高等部・月明洞&錦山山参チームでゴールキーパーのポジションを務めたイ・ヒョンギル君(錦山高校)は、『今までやってきたすべてのサッカー大会の中で最も意味深く、素晴らしいサッカー大会でした。平和サッカーを始めてくださった鄭明析牧師に感謝し、平和サッカーの精神が地球村を覆い尽くすことを願っています。』と感想を述べた。また、この日、高等部の「チーム優勝」と「個人MVP」の両方を受賞した大田忠臣チームのイム・チョンウォン君も、『サッカー大会に向けて準備する中で、「1000分の祈りの条件」も立てながら、チームのみんなが平和サッカーをしようとたくさん努力しました。実力は足りないのですが、聖三位が僕たちの条件と努力をご覧になって優勝させてくださったのだと思います。』と感想を述べた。

最後に、高等部・月明洞&錦山チームの主将を務めたカン・ジュヒョン君は、『「どうすればチームが一つになり、皆が主の心情をもって走ることができるだろうか?」と考えながらチームを引っ張っていこうと努力しました。それで、僕たちのチームはより一層主を探し求め、栄光を帰す心で補欠選手と選抜選手がお互い力になってあげて、一つになって試合に臨みました。結局、僕たちのチームは高等部トーナメント1位で準決勝に進み、決勝ともいえる3位決定戦で主と共に走り、総合3位の栄光を与えてくださいました。平和サッカーを通して聖三位に栄光を帰すことができて、すごく感謝しています。』と言った。

聖三位の愛に思い切り喜び、楽しんだ「2016夏季平和サッカー」が幕を下ろした。しかし、鄭明析牧師の「命に向かう愛と尊重の精神」は今もなお進行中であり、これから来る秋に開催される予定の平和サッカーを通しても、再び確認できることだろう。秋に行われる平和サッカーに期待する。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*