News Ticker

月明洞 自然聖殿 宴会場 聖殿建築開始

▲ 月明洞自然聖殿・宴会場の聖殿建築をしている、自然聖殿聖殿建築家たち

 

猛烈な熱さが一日も休むことなく、どんどん勢いづいている。35度前後の釜のような暑さも忘れ、聖殿建築家たちは、9日から始まった「月明洞自然聖殿・宴会場」の工事の作業に熱中している。

今回、チョン・ポンソク牧師は、暑さによる人命被害が起こらないように、猛暑の中での活動要領と作業に対する留意事項について教育をしてから作業に取り掛かった。

 

▲ 月明洞自然聖殿・宴会場の聖殿建築をしている、自然聖殿聖殿建築家たち

 

今回の宴会場の聖殿建築では、日本、台湾、マレーシア等から来た海外のボランティア30人と、国内の10人余りが共に作業をしている。

暑い中作業をしている聖殿建築家たちに、冷たい氷水を続けて提供しながら暑さに打ち勝つことができるようにし、最も暑い時間帯である13時から17時までは、作業を止めて休むようにさせ、現場の安全のために総力を注いでいる。また、暑さのためについつい怠りがちだが、ヘルメットや安全帯などの着用もやはり徹底的に管理している。

 

▲ 月明洞自然聖殿・宴会場の聖殿建築をしている、自然聖殿聖殿建築家たち

 

暑さの中で作業する聖殿建築家たちから、日射病、熱中症、熱失神など、温熱疾患の患者が出ず、恵みの中で建築が進行されることを願う。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*